1. 株式会社三紅 >
  2. 印傳とは

印傳とは

印傳

印伝(いんでん、印傳)とは、鹿の革をなめして、染色を施し本漆で模様を描いたもので、袋物などに用いられています。
名称はインド(印度)伝来にちなむとされ、印傳の足袋が正倉院宝庫内に見られ、東大寺に文箱が奈良時代の作品として残る。

概要

印伝または印傳という名称は、貿易を行った際に用いられたポルトガル語(india)の発音にインド産の鞣革を用いた事から印伝という文字を当てたとされる。
専ら鹿革の加工製品を指す事が多い。
印伝は昔において馬具、胴巻き、武具や甲冑の一部、巾着、銭入れ、革羽織、煙草入れ等を作成するのに用いられ、今日において、札入れ、下駄の鼻緒、印鑑ケースガマ口、ハンドバッグ、ベルトなどが作られている。

鹿革の特徴

写真 印傳革

牛や豚革などの繊維はヨコにつながっていますが、鹿革はタテにつながっています。
その為、昔から、ろ過する為に使用されていました。

鹿革はタテの繊維なので、漆の根が生えやすいそうです。(漆が浸透しやすいという事です。)
一般的には軽くて丈夫というのが最高の特徴です。